Come and Join us! Tech Kids CAMPは様々な無料イベントを実施しています

Event Info イベント情報

リリース一覧に戻る

CA Tech Kids、愛知県瀬戸市と連携し小学生向けプログラミングワークショップを開催
プログラミング教育に意欲を持つ地方自治体を支援

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証マザーズ上場:証券コード4751)の連結子会社で、小学生向けプログラミング教育事業の株式会社CA Tech Kids(読み:シーエーテックキッズ、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:上野朝大)は、愛知県瀬戸市と連携し、瀬戸市の小学生を対象としたプログラミング体験キャンプ「1DAY Programming CAMP in SETO」(読み:ワンデイプログラミングキャンプ イン せと)を開催いたします。

愛知県瀬戸市では、子どもたちがITやプログラミングなどの最先端の技術を学び体験できる場や、市内における新しい産業育成の拠点づくりに努めています。この度、地域の子ども達がプログラミングに親しむきっかけを提供し、次世代のIT人材を育成・輩出することを目的として、CA Tech Kids による小学生向けプログラミングキャンプを実施する運びとなりました。

「1DAY Programming CAMP in SETO」では、瀬戸市近郊の小学校3年生~6年生を対象とし、Objective-Cを使ったiPhoneアプリ開発や、マサチューセッツ工科大学が開発したプログラミング言語「Scratch」を使用したゲーム開発などを体験できるワークショップを6月28日(土)、29日(日)の2日間にわたって行います。また、6月28日(土)には、「21世紀に求められる力~小学生からのプログラミング教育~」と題して、教育界の有識者や、IT教育の専門家が登壇する講演会を開催いたします。

CA Tech Kidsは2013年5月の設立後、これまでに述べ2000名以上の小学生にプログラミング学習の機会を提供してまいりました。東京・大阪の2拠点に展開している小学生向けプログラミングスクール「Tech Kids School」(読み:テックキッズスクール)では、小学校2年生から6年生まで計260名を超える小学生が、Objective-C、JavaScript、HTMLなどのプログラミング言語を学んでいます。また、茨城県つくば市と連携したプログラミング教育事業「TSUKUBA Programming School」を開催するなど、プログラミング教育に意欲を持つ地方自治体への協力・支援を行っています。 CA Tech Kidsは引き続きプログラミング学習の機会提供と普及に努めてまいります。


■1DAY Programing CAMP in SETO 開催概要

名称 「1DAY Programing CAMP in SETO」
株式会社CA Tech Kids・愛知県瀬戸市デジタルリサーチパークセンター 共催
開催日時 6月28日(土)・29日(日)  11時00分~17時00分
開催場所 瀬戸市デジタルリサーチパークセンター
料金 5,000円
申込み こちらのページよりお申込みください。

内容

●小学生向けプログラミング体験キャンプ

開催日時 6月28日(土)・29日(日)  11時00分~17時00分
対象 瀬戸市近郊の小学校3年生~6年生
定員 各日30名(先着)
内容 iPhoneアプリ開発やゲーム開発などのプログラミングワークショップ
※はじめてのお子様でも楽しく体験いただけます


●保護者様・教育関係者様向け講演会「21世紀に求められる力~小学生からのプログラミング教育~」

開催日時 6月28日(土)  13時00分~15時00分
対象 小学生の子どもを持つ保護者様・教育関係者様
定員 60名(先着)
内容 13:00  開会の挨拶
13:10  講演「子ども向けプログラミング教育を取り巻く日本と世界の現状」
株式会社CA Tech Kids 代表取締役社長 上野 朝大
13:30  講演「子どもたちへのプログラミング教育の重要性」
中京大学 情報理工学部教授 宮田 義郎 氏
14:10  講演  「表現とプログラミングワークショップ」
椙山女学園大学 文化情報学部 准教授 亀井 美穂子 氏
14:30  登壇者3名によるパネルディスカッション
15:00  閉会


●登壇者・パネラー略歴

1.  宮田 義郎氏
中京大学情報理工学部教授。専門は教育工学・認知科学。大阪大学大学院修士課程基礎工学研究科生物工学専攻修了。カリフォルニア大学サンディエゴ校大学院心理学部博士課程修了。中京大学情報科学部教授を経て、現職。
個人の学びと協同体の学び、よりグローバルな学びがどのように関わり合い構成されていくのかに関心を持ち、
学習環境デザイン+異文化コラボレーション+創造的ワークショップ+リフレクションデザインの視点から研究中。

2. 亀井 美穂子氏
椙山女学園大学 文化情報学部 准教授。専門は情報教育、放送教育。現在は情報活用能力の育成をテーマに、海外の子どもたちに日本の学生の日常を伝える冊子編集に 取り組み、また地域では子どもたちにストップ・モーションやScratchを使った作品づくりを教える活動に、学生と共に取り組んでいる。

3.  上野 朝大
株式会社CA Tech Kids代表取締役社長。立命館大学国際関係学部卒業。2010年、株式会社サイバーエージェント入社。アカウントプランナー、Facebookマーケティング事業部長、新規事業担当プロデューサーを務める。2013年5月サイバーエージェントグループの子会社として小学生向けプログラミング教育事業を行う株式会社CA Tech Kidsを設立し代表取締役社長に就任、現職。

LINEで送る
Amebaに投稿