TSUKUBA Programming School
in つくばフェスティバル
茨城県つくば市
2014年5月10日

5月10日につくば市で開催された地域イベント「つくばフェスティバル」内にて、小学生を対象としたゲーム開発ワークショップ「TSUKUBA Programming School」を実施しました。ワークショップでは、つくば市の公式キャラクター「フックン船長」を使ったゲーム作りに挑戦してもらいました。
みんな思い思いのオリジナルゲームを作っていく中で、「敵を倒せるようにするにはどうすればいい?」「制限時間を付けて時間切れでゲームオーバーにしたい!」などなど、新しいアイデアもたくさん湧いたようです事前予約席の定員80席に対し、170件を超えるお申し込みをいただく大盛況で、中には、20席分だけ用意された当日整理券を求めて開始2時間前から並んでくださった方もいらっしゃいました。会場にはつくば市の市原市長もお越しになり、子どもたちがゲーム開発に取り組む様子をご覧になっていました。

日時

2014年5月10日

対象

つくば市内の小学生(事前予約80名・当日20名)

内容

市のマスコットキャラクターを活用したゲーム開発体験
1回60分 1日で4回開催(25名×4回で100名が参加)

>>取り組み紹介へ戻る