5年生プログラミング授業
立命館小学校(京都市)
2014年6月4日(水)・5日(木)

5年生の全児童(4クラス・120名)を対象に、学習用プログラミング言語「Scratch」(スクラッチ)によるプログラミングの授業を行いました。
授業は2コマ90分で、1限目は、当社のテキストに沿って、「乱数」や「繰り返し」などの概念を学びながらゲームを開発しました。
2限目には、画像を変えて自分の好きなデザインにしたり、プログラムを書き換えて難易度をあげるなど、一人一人がオリジナルな作品に改造していきました。
授業の内容には「論理演算」(もし~だったら)や「変数」など、難しい内容も含まれていましたが、ゲーム作りに夢中になる中で、生徒達は自然と理解することが出来ていました。

日時

2014年6月4日(水)・5日(木)

対象

立命館小学校 5年生
4クラス 120名

内容

学習用プログラミング言語「Scratch」を用いた作品開発

著作権に関する学習

2コマ(90分)

>>取り組み紹介へ戻る