Kids Developer Pitch

キッズプログラマーが描く未来

iPhoneアプリケーション開発を楽しむ小・中学生たちが夏休みにApple Store, Ginzaに集結します。
CA Tech Kidsが運営する小学生のためのプログラミングスクール「Tech Kids School」に通う小学生プログラマーと卒業生たちが、 自身が開発したアプリケーションをご紹介しながら、アプリケーション開発のきっかけやアイディアの源、プログラミングの楽しさをご紹介します。 また、特別ゲストとして世界的人気ゲームアプリ「モンスターストライク」の開発に携わるエンジニア角龍徳氏を迎えて、パネルディスカッションで子供達と将来の夢を語り合います。ぜひご家族ご一緒にご参加ください。

上村 出海 Izumi Kamimura

Tech Kids School で iPhoneアプリ開発を学ぶ小学校2年生。
ゲームが大好きで、幼稚園の頃からゲーム開発者を目指す。小学校1年生からTech Kids Schoolに通う。
将来の夢は「世界一のプログラマー」!

加藤 潤成 Junsei Kato

プログラミング歴3年の小学校6年生。
Tech Kids School で JavaScript を約2年学んだのち、現在はiPhoneアプリ開発を学習中。
サイバーエージェントキッズプログラマー奨学生 第二期生。

中馬 慎之祐 Shinnosuke Chuman

小学校4年生からTech Kids School で iPhoneアプリ開発を学び、2014年秋に「Time is Money」をApp Storeにリリース。2015年に食物アレルギーの人のためのアプリ「allergy」をリリースし、22歳以下を対象とするプログラミングコンテスト「U-22プログラミングコンテスト」で経済産業大臣賞、中高生向けアプリコンテスト「アプリ甲子園」で優勝。現在は中学1年生で、中高生向けプログラミングスクール「Life is Tech! School」に通う。

Guest Speaker
角 龍徳氏 Tatsunori Kaku

株式会社ミクシィ XFLAGスタジオ クライアントエンジニア。
コンシューマーゲーム開発に携わった後、ソーシャルゲーム開発の経験も得ようと、エックスフラッグスタジオの提供する世界的な人気ゲームアプリ「モンスターストライク」の開発に参画。

    
開催日時 2016年8月20日(土)14:00~15:30 予定
※変更となる場合がございます
会場 Apple Store, Ginza
東京都中央区銀座3-5-12サヱグサビル本館
内容 ・イントロダクション
「子ども向けプログラミング教育のいま」
(CA Tech Kids 代表取締役社長 上野朝大)

・キッズプログラマー3名によるプレゼンテーション
Tech Kids School でiPhoneアプリ開発を学ぶ生徒、卒業生が登壇し、作品を紹介します

・ゲストピッチ
「モンスターストライク開発のウラガワ(仮題)」
(株式会社ミクシィ エックスフラッグスタジオ クライアントエンジニア角龍徳氏)

・登壇者5名によるパネルディスカッション
ご応募について 当日会場に直接お越しください。どなたでもご観覧いただけます。(参加無料)

・立ち見となる場合や、入場できない場合もございますのでご了承ください
・事前にApple Store , GinzaのHPにてご予約いただくとスムーズに入場できます
ご予約にはApple IDが必要となります。(ご予約はApple Store, GinzaのHPから)

・当日メディアの取材が入る可能性がございますのでご了承ください