Tech Kids CAMP x CNE1 Presents

Tech Kids Global CAMP in Philippines
シルバーウィークに、フィリピンで過ごす4泊5日
異文化を体験しながら英語とプログラミングに挑戦しよう!

フィリピン政府 高等教育委員会に正式に認可された語学学校「CNE1」(シーエヌイーワン)と連携し、シルバーウィークに4泊5日のキャンプをフィリピンにて開催します!午前はマンツーマンで英語を学習し、午後は少人数制でプログラミングを学習します。英語を使ったグループアクティビティや、現地の子どもたちやお兄さんお姉さんとの交流もご体験いただけます。

英語レベル、プログラミングレベルは問いません。普段では味わえない異文化の中で、次世代スキルといわれている英語とプログラミングに挑戦しよう!
※小学校4~6年生対象とさせて頂いております。

フィリピンでは英語が公用語。しっかりと教育を受けた講師と英語を話し放題!マンツーマンなので、英語が全く話せなくても大丈夫。教材で英語を学習しながらスピーキングの練習をします。

プログラミングで使用するコードは英語が起源となっています。なので英語とプログラミングは切っても切れない関係。英語を活用しながらプログラミングワークショップでゲームやアプリを開発します!

2日間英語とプログラミングの楽しさを体験したら、最終日にはリゾート島に移動し、解放された空間の中で英語を駆使して発表会を行います。仲良くなったみんなと最高の思い出をつくろう!

①英語レッスン

起床して朝ごはんを食べたら まずはマンツーマンの英会話。新しい単語やフレーズを学んで、わからないところはどんどん聞こう!

②ランチ

新しいお友達や講師たちと、午後に備えてランチタイム。学んだ英語を早速練習できる♪

③プログラミング

基本的なパソコンの使い方からはじまり、本格的な開発にうつっていきます。ゲームやアプリを一つ開発します。

④発表会練習

最終日の発表会に向けて、発表練習をします。

⑤夜ご飯

一日集中したあとは、仲間とゆったり夜ご飯。英語をしゃべる機会はここにもあります。

⑥アクティビティ

現地のお兄さんお姉さんとの交流を持ちながら、英語をつかってアクティビティ!

  • Day1
  • 内容は変更になる場合がございますので、予めご了承ください。

英語講師を独占できる!
英語を集中的に学習

経験豊富な英語講師がマンツーマンで付き、お子様の英語レベルに合った教材を使用しながらスピーキング中心の英語学習を行います。質問や自己表現、意見の表明など、様々なシーンでの英会話を学習します。

キャンプの最終日に英語でプレゼンテーションできるよう、発表会にむけての練習もします。

プログラミング未経験でも大丈夫!
メンターがしっかりサポート

Tech Kids CAMPで開講している3つのコースからお選び頂けます。

メンターのお兄さんお姉さんが少人数制で教えてくれるので、パソコンに不慣れのお子様も問題なく取り組めます。最低でも1つのゲーム・アプリを開発し、さらにはその作品にオリジナル要素を加え、最終日の発表会にて発表します。

つくった作品はUSBに入れてお持ち帰り頂けます。


Scratchゲーム開発コース

Scratchという米国マサチューセッツ工科大学で開発された学習用プログラミング言語を用いてゲームの開発をします。
命令ブロックを繋げるだけで簡単に開発ができるため、初心者でも楽しくプログラミングの基礎を学ぶことができます。

こんな人にオススメ

タイピングにまだ慣れない、アルファベットを完全に理解していないお子様は、マウス操作が中心となるため、取り組みやすい内容になっています!
※ご自宅で開発を継続する場合は、Windows、Macともに開発をすることができます。

iPhoneアプリ開発コース

XcodeというApple社公式の開発ソフトを用いて、iPhone上で動作するアプリを開発します。
Xcodeではアプリ上のボタンや画像等のレイアウトが感覚的に行えるものになっており、機能を加える際にObjective-Cというプログラミング言語を使用します。

こんな人にオススメ

開発したアプリは、iPhoneに入れてお持ち帰りする事も可能ですので、iPhoneをお持ちの方にオススメです!
※ご自宅で開発を継続する場合は、Macが必要となりますのでご注意ください。

Webアプリ開発コース

HTML、CSS、JavaScript等のプログラミング言語を用いて、インターネットブラウザ上で動作するアプリを開発します。テキストエディターというソフトを使い、英語でプログラミング言語を打ち込んで開発を進めます。

こんな人にオススメ

タイピング量が多いためタイピングに慣れているお子様にオススメです!最も本格的なプログラミングが体感できます。
※ご自宅で開発を継続する場合は、Windows、Macともに開発をすることができます。

対象

小学校 4~6年生
プログラミングや英語のご経験は問いませんので、未経験の方も安心してご参加ください
※保護者の方は同行できません

開催日程

2015年9月19日(土)~9月23日(水・祝)

9月19日(土)7:30 羽田空港集合
9月23日(水)20:10 羽田空港解散

※集合解散時刻は変更になる可能性がございます

プログラム

【英語】
スピーキングトレーニングが中心のマンツーマンレッスンです

【プログラミング】
以下のコースから1つお選びください
iPhoneアプリ開発コース
Webアプリ開発コース
Scratchゲーム開発コース

滞在先

語学学校「CNE1」(シーエヌイーワン)
Carthel Native English 1 on 1 International Language institute of
Carthel Science Educational Foundation inc.

フィリピン政府 高等教育委員会正式認可学校

フィリピン ターラック州 サンマニュエル市
(マニラ首都圏からバスで3時間程)

http://www.cne1jp.com/about-us/

宿泊施設

CNE1内宿舎「ビサヤ」
http://www.cne1jp.com/life/#visayas

参加費用

¥325,000(税別)

参加費用には以下が含まれます:
航空券、現地交通費、施設滞在費、施設飲食費、英語レッスン料、プログラミングレッスン料

以下は含まれませんのでご了承ください:
日本での空港までの交通費、施設外での飲食費(任意)、施設外での物品購入費(任意)

※キャンセルポリシーについて※
お申込をキャンセルされる場合、人員・機材・航空券手配の関係により、下記の通りキャンセル料が発生いたします:

・7/30(金)~8/18(火)までのキャンセル:¥25,000
・8/19(水)~9/15(火)までのキャンセル:ご請求額の15%
・9/16(火)~9/17(木)までのキャンセル:ご請求額の30%
・開催前日のキャンセル:ご請求額の55%
・開催当日のキャンセルまたは連絡なしでのキャンセル:ご請求額の100%

定員

13名

最少催行人数

5名
※7月30日の時点で最少催行人数に満たなかった場合、本企画の催行がキャンセルとなります。 お申込者には全額返金させていただきます。

お申込み期限

7/24(金)

持ち物

・パスポート(有効期間が6カ月以上あること)
・USB(500MB以上)
・5日間分の服装
・水着(最終日にリゾート島にて水遊びをします)
・お小遣い(施設外・空港で購入する飲食費や物品の代金)
・折り畳み傘(雨季になります)
※食事はプログラム内に含まれます

英語留学で実績のあるCNE1

CNE1(シーエヌイーワン)は、フィリピンに立地するCarthel Science Educational Foundation校の付属語学スクールとして2010年1月に創立しました。

CNE1は、フィリピン政府 高等教育委員会(Commission on Higher Education)CHED に正式に認可された学校です。日本人経営者及び日本人スタッフ4名が常駐しており、日本から多くの参加者がプログラムに参加しています。また日本だけでなく、世界各地から語学留学生が集まっており、5年間で延べ2000名が卒業しています。

安心・安全な設備が整っています

CNE1では参加者のみなさんがご安心して過ごせるよう、ロケーションとにこだわっています。マニラの都心から離れた、落ち着いた環境の中で集中しながら学習に励むことができます。24時間の警備体制と、またスクール内には診療所も備えています。

施設や英語プログラムの詳細は以下ホームページよりご確認頂けます:
http://www.cne1jp.com/

英語レッスンの様子
スクール内
宿舎ビサヤの4人部屋
スクールクリニック
カフェテリア①
カフェテリア②

FAQ よくあるご質問

子ども1人で海外に行かせるのが不安です。

空港集合から解散まで、英語が堪能な社員とメンターが常に付き添いますのでご安心ください。また現地で滞在する語学学校「CNE1」は、フィリピン政府の認可を受けた正式な学校で、病院等の施設も併設しております。現地にも日本人スタッフが常駐していますので、万一の際もご安心ください。

英語が苦手なのですが、大丈夫でしょうか?

問題ございません。英語学習はマンツーマン中心のコースですので、1人1人のレベルにあったご対応をさせて頂きます。

プログラミング経験がないのですが、大丈夫でしょうか?

問題ございません。これまでTech Kids CAMPに参加されたお子様8割はプログラミング未経験者です。パソコンを触ったことが殆どない場合でも、丁寧にキーボードの使い方からお教えいたします。少人数制で、スタッフが一人一人しっかりとサポートいたします。

英語やプログラミングを教えてくれるスタッフはどんな人ですか?

英語を教えるのは、語学学校「CNE1」で英語教育を専門的に行っている現地の講師です。プログラミングを教えるのは、Tech Kids Schoolでプログラミング学習をサポートしているメンターが務めます。

フィリピンの英語の「なまり」は大丈夫でしょうか?

CNE1の講師においては、しっかりと教育を受けていますので、綺麗な英語を話します。CNE1のHPでは動画で講師を紹介しておりますので、ご参照ください。

制作したアプリケーションや作品を、持ち帰ることは出来ますか?

制作したアプリや作品はもちろんお持ち帰り頂けます。USBメモリ等をご持参頂くことで、全コースの開発中のデータをお持ち帰り頂くことが出来ます。さらに、iPhoneアプリの開発では、ご自身のiPhoneやiPadなどの端末に開発したアプリを入れてお持ち帰り頂くことができます。

現地の治安面は大丈夫でしょうか?

語学学校がある地域の治安は良好です。滞在する施設は、母体となっている教育施設の広大なキャンパスの中に立地しており、安全・安心です。学校内には、警備員が24時間体制で警備しています。

子どもが病気やケガをした場合はどうなりますか?

症状が重くなければ、語学学校内のクリニックで簡単な治療や薬の提供をさせて頂きます。語学学校内のクリニックで対応できない場合は、語学学校の関連グループの総合病院であるSpecialist Group Hospital & Trauma Centerで、全面的に生徒様のサポートをします。診察は、無料で対応させて頂きます。日本人スタッフが同行しますのでご安心ください。

食べ物は日本人に合いますか?

食べ物は、フィリピン料理をメインに時々、韓国料理、ウエスタン料理、日本食料理を取り入れています。ヘッドシェフは、民間のレストランで働いている者を中心に料理を作っています。料理形式は、基本的にバイキングスタイルです。日本人の生徒様からの要望が高い、野菜や果物等も多く取り入れ、バランスを取るように工夫しています。

日本の電気製品はそのまま使えますか?

日本の電圧は、100Vでフィリピンは、220Vです。海外対応の電気製品は、そのまま使えますが、それ以外の電気製品を使用される場合は、変圧器をご持参ください。CNE1のお部屋のコンセントは、日本と同じA型です。

ビザは必要でしょうか?

フィリピン入国の際に、空港で30日間滞在できる観光ビザを取得できますので、日本で事前にビザを取得する必要はありません。

フィリピンの気候はどうですか?

6月~11月は、ちょうど雨季の時期になります。気温は、約26~28℃ぐらいです。ターラック州 サンマニュエル市は、マニラより特に夜は少し涼しいと思います。日中は、確かに熱いですが、教室や、部屋等々には、クーラーが備えていますので、問題はございません。雨季に関しては、基本的に毎日、雨が降るイメージです。日によってはスコールになる日も多いです。折りたたみの傘は必需品になりますので、ご持参くださいませ。(現地でも買えます)

その他現地フィリピンでの学習・生活についてのご質問につきましては以下よりご確認くださいませ: http://www.cne1jp.com/faq/

受付は終了いたしました

受付は終了いたしました